読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トリプルバトル概論

やへうbluedustです。ぼくのブログなんだからかいてるのはぼくしかいないって?賢い人間だ。今日からトリプル初心者であるところの僕がシングルパで200戦(最高レート1808当時1桁順位)くらいトリプルバトルした感じからわかったことをつらつら書き連ねていくよ。トリプルの構築記事とか見たことないから熟練者の皆さんには見苦しい内容になるかもね。

ゆるして~(^。^)

 

トリプルバトルとは

見せ合い6→6で行うバトル形式。トリプルの名の通り場に三体のポケモンが並ぶ。選出時に1,2,3番目に選んだポケモンが順に左・中央・右に並ぶ。基本的にアタッカーのうち全体技持ちを中央に、サポート寄りのポケモンを左右に配置することが有効である。

相手の三体目  二体目  一体目

                          V S

自分の一体目  二体目  三体目

これは攻撃対象によるものである。*基本的に左右のポケモンは対面と中央の二体と自分の中央しか攻撃対象に選べない。一方で中央のポケモンはすべてのポケモンを対象にとれる。そのため全体技持ちが中央に陣取るのが最も効率的にダメージを稼げるのである。全体技はダブルダメージとなり、通常の3/4の火力となるが、端においた場合3/2 、中央なら9/4ものダメージを稼いでることになる。

*例外的に飛行技と波動技は対角を攻撃対象に選ぶことができる。

 

●用語

対角

上の図でいうと、自分の一体目にとっての相手の一体目。左からみて右のこと。

波動技

水の波動、悪の波動、波動弾などの波動とつくわざのこと。

縛り(ダブル用語)

相手のポケモンの行動より先にこちらのポケモンの行動でそのポケモンを瀕死状態にさせられること。例:HP半分のメガゲンガーは珠ファイアローに縛られている。

moveする

トリプルバトルでは左右のポケモンが行動をしない代わりに中央と入れ替わることができる。これをmoveという。

 

●基本的な勝ち筋

高火力全体技を相手より先に二回通す

トリプルでは全体技はダブルダメージとなり、シングルの3/4倍のダメージしかいれることができない。そのため全体技を一回通したときにかせげるダメージの総量が大きくても確定1範囲は狭い。なので味方の攻撃と合わせて倒すことになるのだが、確定1はせまくとも確定2は広いことに着目すれば、二回通すことで1体で3体を倒したことになる。実際はそこまで単純な話ではないが、強力な勝ち筋である。

相手の盤面をこちらの盤面で縛る

全体技とは違って今度は確定1圏内をたくさん作る話である。全体技も確定1圏内に入れる動きをすることもあるが、こちらはより顕著である。手段としては積み技や様子見役からのエース降臨があげられる。ちなみにシングルの民であるぼくはこちらの勝ち筋をとっていた。

相手のエースを全滅させる

トリプルのサポートポケモンは打点を持っていないかあるいは低い場合が多い。そのため相手のアタッカーを全滅させてしまえばほとんど勝ちとなるのだ。成立頻度は高くないが、サポーター放置でアタッカーとだけなぐり合う展開も意識してみるとおもしろいかもしれない。

 

実戦では以上3点を複合的に用いて勝ち筋とするべき。

 

●特殊な勝ち筋

滅びの歌を二回歌う

特殊戦術である滅びパはトリプルでも第一線を張っているよ。6→6なので二回滅ばなければならないので滅びだけでは勝ち筋としては弱く、雨エースなんかと組んでいることが多い。

耐久や耐性で詰ませる・TOD

耐久や耐性で詰ませる思考は積んで抜くパターンと同様にパズルのようにがちゃがちゃしていこ。メインの勝ち筋というよりは勝ち筋としてあるよって感じ。そこそこ強い勝ち筋なのでPTに組み込んでみてもいいかもしれない。

 

次回はトリプルバトルで強い技だよ!またね~(^。^)♪

 

 

 

 

備考

使用構築(1800のったときのやつS12か13)

メガガルーラ 猫レンチ捨身けたぐり

襷ゲンガー     催眠

残飯ボルト     威張る電磁波身代わり

珠アロー        剣舞追い風ぶればフレドラ

スカーフサザン  てんぷれ

マリルリ         はらだいこつよい

 

いじったらかてなくなったのでいじらないほうがよさそう