読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トリプルバトル汎用技

ぽはよ~(^。^)

今日は汎用技を中心にまとめちゃおう。(ふぇぇ…はんようてきだよぉ…)

みんなもよんでれっつとりぷる!いえい

 

技名

主要な使ってくるポケモン

使途など

 

でかくよ!

※全部僕の記憶で書いているので間違っている危険がありますよ。本質情報を見極めよう

 

 

●有用技(汎用)

ねこだまし 40/100 無  +3

ガルーラ/にゃおにくす/コジョンド/カポエラー/ルンパッパ/ハリテヤマ/ズルズキン/バリヤード/カメックス/ドーブル/レパルダス/マニューラ/ライチュウ/ゴウカザル  等

相手の行動を妨害する技。相手を止めつつこちらの場づくりをしたり、縛り関係を無視して味方を動かしたりと便利な技。特に1ターン目に打ち合う展開になることが多い。ギミック始動役はこれにとめられないゴーストタイプをつかうか、そうでないならファスガ持ちと組むと楽に立ち回れることが多い。使えるポケモンは多いが、優先度の関係からファスガおよびこの指もちとのS関係を意識しなければならない。

PTに1~2体。

 

ファストガード            +3

*ニャオニクス/コジョンド/カポエラー/ドーブル/テラキオン/キリキザン/ファイアロー

先制技を止められる技。いたずら心による変化技も止めることができる。猫だましと優先度が同じなため、これを打つ時はねこもちとのS 関係をしっかり考慮する必要がある。トリパでは必須。ターンの途中で使用ポケモンが場を離れても効果は持続する。

PTに0~2体。

*:ニャオニクスはいたずら心により+4で使うことができ、最速の猫使いであるすいすい追い風ルンパッパの猫でも止めることができる。

 

ワイドガード               +3

カポエラー/ハリテヤマ/ドーブル/プテラ/バリヤード/マンタイン/イワパレス/ギルガルド

*全体攻撃技を無効化できる。味方からの波乗りや地震も無効化できる。自分が使うよりも相手から使われることや横取りされることをケアする方が重要な場面が多い。使えるポケモンを把握しておくことが非常に重要。ターンの途中で使用ポケモンが場を離れても効果は持続する。

PTに0~1体。

*:全体技ではあるが攻撃技ではないダークホールは防ぐことができない。

 

フェイント 30/100  無  +2  非接触

カポエラー/ハッサム/ゴウカザル/ライチュウ/ハリテヤマ/マニューラ/カイロス/ルカリオ

覚えるポケモンは多くないが、どのポケモンも実用的なのですべて暗記してもよい技。相手の守る系、ワイガ、ファスガを解除できる。守る系である場合、その使用ポケモンに対してフェイントしなければ解除できないが、ファスガ、ワイガであれば相手のどのポケモンに対してフェイントしても解除できる。全体技+フェイント、先制技+フェイント、守るケアのフェイントなどのように使う。相手にターン稼ぎをさせない目的でも使うことができ、PTによっては必須クラス。優先度の関係で味方の+1技と併用する分には問題ないが、猫だましより遅いためファスガ→ねこだまし(無効)→フェイントとなってしまい、併用できないことに注意。

PTに0~1体。

 

この指とまれ(ori怒りの粉)      +2

トゲキッス/リオル/ルカリオ/パチリス/ピッピ/ドーブル/モロバレル/ウルガモス  等

そのターンの相手の単体技のうち、使用ポケモンを攻撃対象にとれるすべての技をすべて使用したポケモンが受ける。ターンの途中で使用ポケモンが場を離れた場合無効になる。全体技は吸収できないが、単体技なら補助技も吸収できるため、積みやギミックを通す際に非常に有用。猫だましより優先度が低い点、怒りの粉はゴーグルもちや草タイプに効かない点に注意。

PTに0~1体。(たまに2)

 

追い風        

トゲキッス/ファイアロー/ワタッコ/サンダー/スイクン/エルフーン/ボーマンダ/リザードン/サザンドラ

発動ターンを含めて4ターン、行動順に影響するのは3ターンの間味方全員のSを倍速にするS操作技。発動ターンの行動順は変わらないことに注意。

PTに0~2体。

 

トリックルーム         -7

クレセリア/ブルンゲル/ゴチルゼル/ポリゴン2/ニャオニクス/エルフーン/バリヤード/スリープ/ゲンガー/ドーブル/ドータクン/フレフワン/カラマネロ/シャンデラ/サーナイト

発動ターンを含めて5ターン、行動順に影響するのは4ターンの間Sを逆順に扱う。優先度には影響しない。上記+クチート/バクーダ/ユキノオー/デンリュウ/カメックス/ニンフィアの並びが見えたら警戒するべき。追い風への切り返し技として有効。状況に応じて追い風とトリルを使い分けるPTが存在する。

PTに0~2体。

 

手助け                      +5

ピッピ/プリン/ニョロトノ/カポエラー/パチリス/ゴウカザル/リオル(ルカリオ)/エルフーン/ニャオニクス/フラージェス/クレセリア/マンタイン/テラキオン/ゴチルゼル/ワタッコ/ガルーラ/ドーブル/ライチュウ

このターン対象としたポケモンの使用する技の威力を1.5倍にする。手助け+全体技で複数体たおしたり、猫だましの上から手助けしたり縛りの上から手助けしたり、縛れていないポケモンを強引に縛ることができる。

PTに0~1体。

 

横取り                     +4

ピッピ/プリン/ゲンガー/クロバット/ニャオニクス/ファイアロー/ズルズキン/ゲッコウガ/ゴチルゼル/ヒヒダルマ/マニューラ/サーナイト/ドーブル/バリヤード/スリープ  等

このターン、この技を使った後敵味方問わず、最初に使われたファスガ/ワイガ/追い風/積み技/壁/神秘/再生回復技などの効果を打消し、横取りしたポケモンが使う。敵味方互いに横取りをしていた場合、Sが早い方が先に成功する。Sが遅い方は次に使われた技をうばう。この技があるため、追い風を素で使う場合は注意が必要。ファスガやワイガを使いながら追い風を使うことで、ガードを奪わせる代わりに追い風を展開できるためどうしても通したい場合はこれらと併用するとよい。また、相手の横取りもちより早い横取りもちで味方の追い風を奪う手もある。

PTに0~1体

 

神秘の守り    

ニャオニクス/エルフーン/クレッフィ/クレセリア/ピッピ/プリン/トゲキッス

発動ターン含めた5ターン、味方は状態異常にならない。発動ターンから適用される技なので、ターンの早い時期に発動できたほうがよく、そういった点でいたずら持ちの3体はほかの神秘もちとは一線を画す使い勝手である。現実的なダークホール対策として採用されるほか、神秘→味方に威張る/神秘→ふらふらだんす等といったギミックに組み込まれることもある。

PTに0~1体

 

ダークホール -/80

*ドーブル のみ

相手を眠らす全体技。ドーブルドーブルたる技であり、ドーブルが嫌われる理由でもある。早い神秘やフェイント+先制技などで対策されることが多いが、前者は横取りが怖く、後者はドーブルに集中するため相手のエースへのマークが薄くなり、ドーブルに仕事させてるのと同じになってしまう点が問題。

*:ぼくはドーブルが嫌いだ

 

 

●有用技(全体) 共通:威力(ダメージかもしれん)が3/4になる

ハイパーボイス 90/100  無

 ニンフィア/サーナイト/ボーマンダ/アマルルガ

味方に当たらない全体技。目立った追加効果はないが命中安定で、主要な使用ポケモンはスキン持ちであることから実質威力117の一致技として使うことができる。

採用されやすいPT:カメニンフ/リザニンフ/ガルニンフ/バンドリマンダ 等

 

しおふき 1~150/100  水

カメックス/ブルンゲル

味方に当たらない全体技。威力は150に「総HPに対する現HPの割合」をかけたもの。HP依存ではあるがMAX威力150の一致技の制圧力は圧巻。150時は確定1範囲も割と広く、一度通せばかなり有利に立てる。HPが削れると威力が下がってしまうので、この指サポートや猫によるサポート、あるいはS操作技の後に使われることが多い。

採用されやすいPT:ブルン起動のトリパ、カメニンフ(追い風トリルスイッチ)

 

ふんか   1~150/100  炎

バクーダコータス)/バクフーン  等

仕様は潮吹きと同じ。

採用されやすいPT:バクーダトリパ、リザードンバクフーン

 

ねっぷう  95/90     炎    10%でやけど

リザードン/ヒードラン/サンダー

味方に当たらない全体技。追加効果なんかより命中率がほしい技。

採用されやすいPT:リザードン

 

いわなだれ  75/90  岩    30%で怯み

テラキオン/ランドロス/バンギラス/ガブリアス/ドリュウズ/メレシー

 味方に当たらない物理全体技。高すぎる怯み率に加えて使用ポケモンがたいていの場合高速で、素で打てる手軽さが魅力。バンギラスが使う場合だけ追加効果より命中率がほしい。単体で30%、2体で51%、3体で66.7%で少なくとも1体が怯む。ハゲ

採用されやすいPT:バンドリマンダ、ランド入り、エルテラドー

 

ふぶき 110/70         氷   10%でこおり

ユキノオー/アマルルガ/グレイシア

味方に当たらない全体技。あられ下で必中。

採用されやすいPT:トリル+あられパ

 

だくりゅう  90/85    水  30%で命中ダウン

キングドラ/カメックス/トリトドン  等

味方に当たらない全体技。追加効果より命中がほしいシリーズ。

採用されやすいPT:雨(トノグドラ)

 

なみのり 90/100       水

ニョロトノ/キングドラ/ブルンゲル/ラプラス/ガブリアス/ルンパッパ   

味方に当たる全体技。味方に当たることは一見デメリットにも見えるが、味方のちょすいやよびみずといった特性、球根や弱点保険といtったアイテムのトリガーとして使うこともできる。

採用されやすいPT:surf雨

 

じしん  100/100        地

バンギラス/ドリュウズ/ガブリアス/バクーダ

味方に当たる全体技。味方に当たることよりも浮いた相手に当たらないことが痛い。

採用されやすいPT:重力砂、バンドリ、いかりのつぼ

 

●その他の要素

フリーフォール  60/100  飛

カイリュー/プテラ/リザードン/サンダー/ウォーグル/トルネロス  等

  1ターン目、対象を上空に連れ去る。この際、行動順が使用ポケモン>対象なら対象の行動はキャンセルされる。2ターン目、攻撃・ダメージ判定。この際、対象>使用ポケモンで行動する場合、対象の行動はキャンセルされる。

  先制フリーフォール→後攻フリーフォールとできれば2ターンの間対象の行動を封じることができる。相手の追い風展開に合わせたり、フリフォに合わせてみずからトリルをはることで実現可能。猫だまし同様縛り解除やギミックの展開補助で使われることが多い。また、飛行技なので対角に届く。

 

move

左右(両端)のポケモン

moveを選択した場合、選択したポケモンが中央と入れ替わる。moveのタイミングは選択したポケモンの行動順となるため、Sに依存する。中央に飛んでくる攻撃を端で肩代わりしつつ中央のポケモンを行動させるほか、後述するmove温存の用途がある。moveを押した瞬間に選択したことになるので、ためしに押してみてターンの選択を終えたことになってしまう被害者(ぼく)が後を絶たない。

 

move温存(猫温存)

左右のポケモン

moveを選択した場合、そのポケモンに関する*そのターンの経過がない扱いになる。つまり出したターンにしか使うことのできないねこだまし」や「たたみがえし」を次のターンに持ち越すことができる。ねこだまし」を温存することで相手が守れないタイミングで使えたり、初ターンに止めるあいてがいない場合の無駄うちを避けられる。「たたみがえし」を温存することで猫だましに妨害されずに使用でき、自由にギミックを展開で来たり、攻撃できるターンを得られる。ただし、ねこもちやたたみがえしもちはサポート寄りの構成になっていることが多く、そういったポケモンを中央に配置することが最終ターンまで考えた時にまずい展開にならないか(ダメージレースで負けないか)を考慮したうえで使う必要がある。

*:挑発やアンコターンが消費できない点と、滅びターンは消費する点に注意。

 

 

こんなかんじかな~?

潜ってるうちにみつけたら随時追加するよ~(^。^)イイア~♪